/

この記事は会員限定です

蓮舫代表に「期待」51% 本社世論調査、共産共闘には否定的

[有料会員限定]

日本経済新聞社の世論調査で、民進党の蓮舫新代表に「期待する」は51%だった。一方で野田佳彦前首相の幹事長起用は49%が「評価しない」とし、世論の受け止めは期待と懸念が同居している。次の衆院選で共産党などと共闘すべきかどうかは「共闘すべきでない」が54%に上り、蓮舫執行部は難しい対応を迫られそうだ。

蓮舫氏は代表選で前原誠司元外相らに大差をつけており、民進党支持層で「期待する」は87%に上った。無党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン