/

この記事は会員限定です

日本郵政 最終赤字400億円超 17年3月期、民営化後初

[有料会員限定]

日本郵政は2017年3月期の連結最終損益が400億円超の赤字になったもようだ。オーストラリアの物流子会社で発生した損失を4000億円程度計上する。連結最終赤字になったのは07年10月の民営化以来初めて。赤字の責任を明確にするため、持ち株会社の日本郵政と事業会社の日本郵便の首脳は報酬を一部返上する。25日夕に発表する。

15年に6200億円で買収したオーストラリアの物流会社、トール・ホールディングスで損失が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン