/

この記事は会員限定です

燃費新税、軽・営業車の最高税率2% 普通車は3%

17年度導入へ政府・与党が骨格

[有料会員限定]

政府・与党は2017年4月に予定する消費税率の10%への引き上げ時に導入する新たな燃費課税の骨格を25日までに固めた。自動車を買うときに、自家用の普通車は購入額の最高3%、軽自動車とタクシーなど営業車は最高2%の税金を環境性能に応じてかける方針だ。鉄道網の整わない地方などでよく乗られている軽自動車と公共性の高い営業車を優遇する。

新税は消費税率の10%への引き上げ時に廃止する自動車取得税に代わって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン