2018年7月18日(水)

欧州産木材、関税撤廃へ 日欧EPAで政府調整

2017/6/25 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日欧経済連携協定(EPA)交渉で、政府は欧州連合(EU)産木材にかけている関税を全てなくす方向で調整に入った。一部の品目は撤廃に至る期間を長くし、国内の林業への影響を抑える。

 日本が課す木材の関税率はほとんどが1桁台。国内への影響が限られる木材は早期に撤廃するが、木造住宅の柱や梁(はり)に使う「構造用集成材」(3.9%)などは猶予期間を求める。

 北欧やオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報