/

この記事は会員限定です

酪農団体の集約検討 農水省、乳価交渉力高める狙い

[有料会員限定]

農林水産省は高齢化が進み廃業が相次ぐ酪農家の収益力を高める方策を検討する。飲用牛乳やバターなどの原料となる生乳を酪農家から集荷する全国10の「指定団体」を3つに集約して、大手乳製品メーカーとの価格交渉力をつける。酪農大国のニュージーランドと連携して放牧の研究を進め、低コスト経営をめざす。乳製品の価格が上がる可能性もある。

背景には生乳の生産基盤が弱まっている事情がある。酪農家が高齢化しているうえに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン