関電の再値上げ幅、1%超圧縮へ 経産省

2015/2/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は電気料金の再引き上げを申請している関西電力の値上げ幅を縮める。関電が卸電力取引所や企業から購入する電気の価格を、足元の原油安を反映して引き下げるよう求める。家庭向けで平均10.23%としていた申請幅は1%超圧縮される公算が大きい。

関電は原子力発電所の再稼働の遅れで、取引所や企業の発電所から購入する電力が従来の計画より増えると見積もっている。経産省は原油安により取引所の売買価格や企業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]