2018年10月16日(火)

羽田発着枠拡大へ調査費計上 国交省、都心上空ルート設定で

2015/8/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京夏季五輪がある2020年までの羽田空港の発着枠拡大に向けて、国土交通省は16年度予算の概算要求に施設整備に向けた調査・設計費を計上する方針だ。都心上空を通過する新ルートを設定するため、航空保安施設や誘導路の整備が必要になる。新ルートにかかる地域住民の理解を得ながら、17年度に工事を始めたい考えだ。

都心上空の新ルートを使うと、従来なかった北側から着陸するケースが出てくる。飛行機と滑走路の位置…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報