汚染水浄化完了、1年ずれ込みも 経産省見通し

2015/2/24付
保存
共有
印刷
その他

経済産業省は24日、東京電力福島第1原子力発電所が保管する高濃度の汚染水の浄化を終える時期が2015年度中になるとの見通しを示した。従来は今年3月末としていたが、最長で1年延びる可能性がある。

東電は福島第1原発の汚染水の浄化が終わる時期を3月末としていたが、作業の遅れで5月にずれ込むとの見通しをすでに示している。

経産省はこの日の自民党部会で、5月に終わるのはストロンチウムと呼ばれる放射線の強い物質の除去だと説明。担当者は、汚染水を十分に放射線量が低い状態まで浄化するには「6月から数カ月かかる」との見通しを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]