ネット小口融資業者、初の処分勧告 監視委

2017/3/24 20:07
保存
共有
印刷
その他

証券取引等監視委員会は24日、インターネットで不特定多数から小口融資を募るクラウドファンディング(CF)を手掛ける「みんなのクレジット」に対し、金融商品取引法に基づき行政処分するよう金融庁に勧告した。CF業者に対する処分勧告は初めて。同社は顧客への説明とは異なる融資先に貸し付けていたり、不適切な運用をしたりしていた。

監視委によると、同社は昨年4月以降、数千人の出資者から約44億円のお金を集めた。出資者への説明とは異なり、ほとんどのお金を同社の親会社や関連のグループ会社に貸し付けていた。一部の資金は同社社長の個人口座にも送金されていたという。

CF業者は貸金業法の規制により融資先の企業名を個別に開示することができず、ファンドの業種や地域などを示す形で出資を募っている。出資者はCF業者の審査や運用手法を信頼するしかなく、問題に発展しかねないとの指摘もある。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]