/

島根原発1号機廃炉、28日着手 中国電力

中国電力は24日、島根原子力発電所(松江市)1号機の廃炉作業に28日に着手すると発表した。まず汚染状況調査の一環として、原子炉建物1階で線量測定の場所を選定する。廃炉の具体的な工程をまとめた「廃止措置計画」は、廃炉作業は2045年度までに完了するとしている。

島根原発1号機は1974年に営業運転を開始。新規制基準施行に伴い原発の運転期間が原則40年になったことなどを受け、中国電力が15年3月に廃炉を決めた。廃炉計画は今年4月に原子力規制委員会が認可し、7月に立地自治体の松江市と島根県が了解した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン