民泊、自治体の「営業0日制限は不適切」 政府見解

2017/2/24 23:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は24日の自民党会合で、住宅に旅行者を有料で泊める民泊に関し、地方自治体が営業日数を「0日」に制限するのは「法案の目的を逸脱するもので適切ではない」との見解を示した。日数制限の対象区域を自治体全域と定めることも不適切だと説明した。民泊を実質的に認めない過剰な規制を防ぐためだ。

政府が検討中の住宅宿泊事業法案(民泊法案)は民泊営業の年間上限日数を180日としている。騒音の発生など生活環境の悪化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]