/

この記事は会員限定です

民進党幹部、リベラル色濃く 民主保守系は外れる

[有料会員限定]

民主党と維新の党の合流新党である民進党の幹部人事が固まった。目玉は政調会長に起用する当選2回の山尾志桜里(しおり)衆院議員。国会で待機児童問題を取り上げ、一躍注目を集めた若手だ。幹事長には枝野幸男幹事長が横滑りし、国会対策委員長には安住淳国対委員長代理を充てる方針。保守系の論客である細野豪志政調会長が退くため、党幹部はリベラル色の濃い布陣になる。

23日、民主党の岡田克也代表は細野氏を国会内の党役...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン