固定資産評価を簡素化 都が国に提言、21年度改正へ

2017/4/24 19:04
保存
共有
印刷
その他

東京都は24日、超高層ビルなど大規模建築の固定資産評価の簡素化を総務省に提言した。資材価格を部分ごとに積み上げる煩雑な現行の手法に、取得価額(工事原価)など分かりやすい指標を導入・併用するのが柱。2021年度の評価基準改正を促す。税額算定の透明化、迅速化によって都市開発を促進する効果も期待している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]