/

この記事は会員限定です

電気売り惜しみに行政処分 経産省方針、小売り自由化にらむ

[有料会員限定]

経済産業省は4月の電力小売りの全面自由化に伴い、小売市場への新規参入を阻害するような取引に対して行政処分を下す仕組みを導入する。卸売価格を意図的につり上げて中小事業者らが販売用の電力を購入できなくするといった取引が処分対象だ。

公正取引委員会と共同で、近くまとめる電力取引の指針に盛り込む。自由化に伴い、東京ガスなどの大手から中小事業者まで約200社に上る新規事業者が経産省から小売免許を取得。経営規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン