2018年10月16日(火)

バス安全へ法改正めざす 超党派、運転手健診義務付け

2016/4/24 23:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民、公明、民進各党などでつくる超党派の議員連盟は、バスやトラックの安全確保に向けた法改正に乗り出す。運転手に健康診断を実施し、病気が原因で安全な運転ができない恐れがあれば必要な措置を事業者側に義務付けるのが柱。旅客らを巻き込んだ事故の発生を防ぐ狙いがある。関連法案を議員立法として今国会に近く提出する。

バスやトラックに関係する重大事故は頻発している。1月には長野県軽井沢町で貸し切りバスがガード…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報