共産書記局長「一方的応援は力出ず」 野党共闘でクギ

2016/12/24 23:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

共産党の小池晃書記局長は24日、神奈川10区の共産党候補、同18区の自由党候補と川崎市内で共同で街頭演説し、次期衆院選に向けた野党共闘をめぐり「民進党候補だけを一方的に応援するのでは力が出ない」と訴えた。両選挙区での共産、自由両党の候補者への一本化を促したものだ。衆院選での野党連携で、民進党に「双方向」の協力を迫った。

神奈川10区は共産党が比例代表選出の現職、畑野君枝氏を擁立。同18区では自由…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]