/

この記事は会員限定です

「安倍1強」の50カ月 短命内閣と何が違うのか

編集委員 坂本英二

[有料会員限定]

政界には長年の命題がある。求心力がある政権だから政策を実行できるのか、それとも政策を実行できるから求心力があるのか――。検証が必要ない法則もある。求心力のない政権は、政策を実行できない。

安倍内閣は26日で発足から50カ月(4年2カ月)になった。自民党の反執行部派のベテラン議員はしきりに首をかしげる。「なんで支持率が6割もあるのか。株価だって一時期ほどの勢いはないじゃないか」

確かに5年目に入って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン