2019年1月21日(月)

崩れる二大政党型 自民の候補280超、民主は90減

2014/11/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12月2日の衆院選公示まで1週間となり、各党の選挙準備が追い込みに入っている。候補者擁立で先行するのは自民、公明両党と共産党。民主党は小選挙区の候補者が2012年の前回衆院選より90人ほど減る見通しだ。維新の党も候補者公募に苦労している。自民、民主両党が政権の座をかけて正面からぶつかる「二大政党型」の対決構図は、候補擁立の段階から変容している。

自民党は連立を組む公明党と合わせ、295の小選挙区…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報