/

高木元文科相、政界引退の意向

民進党の高木義明元文部科学相(71)は24日、次期衆院選に立候補せず、今期限りで政界を引退する意向を表明した。民進党長崎県連は同日、長崎1区の後任候補に故西岡武夫元参院議長の長女秀子氏(53)を擁立する方針を決めた。

高木氏は長崎市内で開かれた党県連の会合で「良い候補がいればバトンタッチしようと考えていた。何としても長崎1区を奪還しなければならない」と述べた。

高木氏は1990年に旧民社党で衆院議員に初当選し、当選9回。菅直人内閣で文科相を務めたほか、旧民主党の国対委員長や代表代行、衆院議院運営委員長を歴任した。民進党では旧民社党系グループの重鎮だった。

ここ2回の衆院選は長崎1区で自民党の候補に敗れ、比例代表で復活当選していた。

西岡秀子氏は、昨年の参院選長崎選挙区で民進党から立候補し、自民党候補に敗北した。

県連は長崎2区に元長崎県議の山口初実氏(69)を立てることも決めた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン