サービス人材、大学で育む 経営者養成へ立命館や小樽商科

2015/6/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

慶応大や立命館大、小樽商科大など全国の17大学・大学院は7月から、飲食や観光、医療の専門プログラムを政府の助成で始める。政府はサービス産業の生産性向上を目指し、経営を担う人材育成を支援する。2019年度にも始める新たな高等教育機関への移行も視野に、成功事例や課題解決の手法を教える専門課程に育てたい考えだ。

政府は今月末に決める成長戦略で、サービス産業の活性化や生産性向上を重要課題に位置づける。人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]