/

この記事は会員限定です

クロマグロ幼魚の漁獲抑制 水産庁、混獲防止の網開発

[有料会員限定]

水産庁は資源の減少が懸念される太平洋クロマグロの漁獲量の抑制に乗り出す。岩手大学などとクロマグロがかかりにくい漁具を共同開発し、他の魚種を狙っているのにクロマグロが網にかかる「混獲」を抑える。クロマグロの幼魚の漁獲量は国際社会に約束した水準を上回った。

クロマグロの漁獲量に対しては国際約束で上限がある。世界一の消費・漁獲国である日本への割当量は年4007トンで、4月末にこの水準を初め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン