2019年2月21日(木)

4~6月GDP、民間でマイナス予測広がる 輸出伸び悩みで

2015/7/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民間エコノミストの間で4~6月期の国内総生産(GDP)が前期比マイナスになるとの見方が広がっている。財務省が23日発表した4~6月期の貿易統計(通関ベース、速報値)で輸出が伸び悩んだためだ。4~6月期の輸出金額は前年同期比で6.7%増で、1~3月期の9%増を下回った。マイナス成長なら昨年7~9月以来3四半期ぶりとなる。

SMBC日興証券は、輸出から輸入を差し引いた外需が4~6月期の実質GDP増減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報