/

医療機器、米などと審査統一を発表 厚労省 輸出しやすく

厚生労働省は23日、医療機器を輸出するときに必要な審査手続きを5カ国で統一すると発表した。米国、カナダ、オーストラリア、ブラジルで審査を一本化しているMDSAP(医療機器単一監査プログラム)に日本が参加する。日本のメーカーにとっては輸出をしやすくなる一方、海外メーカーは日本市場に機器を売り込みやすくなる。

今の制度では医療機器メーカーが輸出をするには、相手国の審査と承認を得る必要がある。輸出先の当局が日本国内の工場を立ち入り調査し、提出書類とあわせて審査、承認している。メーカーは審査を1回受けるのに、準備も含めると1カ月半ほどかかる。複数の国に輸出するメーカーにとっては大きな負担になっていた。

MDSAPに参加すると、カナダの機関が5カ国の基準に基づいて、まとめて調査する。結果を各国の当局が共有して、問題がなければ承認することになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン