医療機器、米などと審査統一を発表 厚労省 輸出しやすく

2015/6/23付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は23日、医療機器を輸出するときに必要な審査手続きを5カ国で統一すると発表した。米国、カナダ、オーストラリア、ブラジルで審査を一本化しているMDSAP(医療機器単一監査プログラム)に日本が参加する。日本のメーカーにとっては輸出をしやすくなる一方、海外メーカーは日本市場に機器を売り込みやすくなる。

今の制度では医療機器メーカーが輸出をするには、相手国の審査と承認を得る必要がある。輸出先の当局が日本国内の工場を立ち入り調査し、提出書類とあわせて審査、承認している。メーカーは審査を1回受けるのに、準備も含めると1カ月半ほどかかる。複数の国に輸出するメーカーにとっては大きな負担になっていた。

MDSAPに参加すると、カナダの機関が5カ国の基準に基づいて、まとめて調査する。結果を各国の当局が共有して、問題がなければ承認することになる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]