パイロット年齢上限、67歳に引き上げ 国交省が人手不足で

2015/2/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省はパイロットの年齢制限を現在の64歳から67歳に引き上げる。乗務時間を月80時間に2割減らしたり、厳しい身体検査を義務づけたりすることを条件に、航空会社がパイロットに長く働いてもらえるようにする。パイロット不足で一部格安航空会社(LCC)が欠航するなど深刻な影響が出ているためだ。

意見公募をふまえて関連通達を改正し、4月下旬から実施する予定だ。実際に定年を延ばすかどうかは航空会社の労使…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]