/

中小、賃上げで補助金2倍 経産省が制度創設へ

経済産業省は今年度第2次補正予算案に、賃上げする中小企業に手厚い補助金を配る新制度を盛り込む。賃上げに取り組んでいれば、販路開拓費などに充てる補助金の支給額を通常の2倍にあたる最大100万円に引き上げる。最低賃金の引き上げにあわせて、中小企業の経営を支える。

従業員20人以下の企業の販路開拓費や開発費などに原則50万円を上限として支給する「小規模事業者持続化補助金」を見直す。これまで雇用を増やした企業や海外展開に積極的な企業は上限を100万円にしており、今回は賃上げ企業も同様に上限を引き上げる。

2次補正予算案には中小企業が設備投資などに使える補助金も盛り込む。低利融資や信用保証といった金融支援も実施する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン