/

自民、平野氏入党を了承 改憲4党「3分の2」確保

27年ぶりに参院単独過半数

自民党は23日、無所属の平野達男参院議員(岩手選挙区)の入党を認めた。これにより1989年参院選で過半数を失って以来、参院の単独過半数である122議席を27年ぶりに回復。改憲勢力は、改憲派の無所属議員を入れなくても、与党と憲法改正に前向きなおおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の4党だけで162議席となり、参院で改憲発議に必要な3分の2に達した。

平野氏は民主党政権で復興相を務めたが、その後、同党を離れ、3年前の参院選は無所属で当選した。「東日本大震災からの復興に与党の立場から関わりたい」として12日に自民党に入党届を提出した。自民党岩手県連は23日の会合で、平野氏の入党を正式に認めた。

自民党は先の参院選で56議席を獲得。非改選の議席と合わせて121議席を確保した。平野氏の入党で単独過半数にちょうど達した形だ。99年から公明党と連立を組んでいるが、菅義偉官房長官は「自公関係は全く変わらない」と強調する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン