キューバ向けODA、インフラなどに対象拡大 政府検討

2015/5/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府はキューバ向け政府開発援助(ODA)の対象の拡大を検討する。農業や医療が中心だった分野をエネルギーやインフラ整備などにも広げ、今秋をめどに国際協力機構(JICA)の職員らを派遣して現地ニーズの聞き取り調査を実施する。夏からキューバ政府の高官を招いて農業や医療に関する研修も実施する。同国の段階的な経済開放を見据え、日本の支援拡充で関係を深める。

岸田文雄外相が5月初めに日本の外相として初めてキ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]