フィデル前議長「核ない世界で一致」 安倍首相と会談

2016/9/23 12:20
保存
共有
印刷
その他

キューバの首都ハバナで安倍首相(左)と会談するフィデル・カストロ前国家評議会議長(22日)=Alex Castro氏提供・共同

キューバの首都ハバナで安倍首相(左)と会談するフィデル・カストロ前国家評議会議長(22日)=Alex Castro氏提供・共同

【ハバナ=酒井恒平】安倍晋三首相は22日午後(日本時間23日午前)、ハバナでフィデル・カストロ前国家評議会議長と約1時間10分会談した。首相は「北朝鮮の行動は国際社会の平和と安定に対する従来と異なる脅威のレベルにある」と連携を求めた。フィデル氏は「キューバでも広島、長崎の悲劇が広く語られている。日キューバは核のない世界をつくることで一致している」と述べた。フィデル氏はラウル・カストロ国家評議会議長の兄。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]