特許や商標審査にAI活用 特許庁、分類や重複調査

2017/4/23 20:54
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 特許庁は特許や商標、意匠の出願審査などの業務で人工知能(AI)の活用を始める方針だ。AIを使って出願内容を技術分野ごとに分類したり、過去に同じような技術がないかを文献で調べたりする。今夏から実証事業を始めて、2018年度以降に業務に試験導入する。

 AIを活用するのは、膨大な文献を調べて出願内容と重複する技術が過去に存在したかを調べる作業のほか、特許出願された技術の内容を分析して分類する作業。画像…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

AI特許庁AI活用特許

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 23日 21:30
23日 7:05
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
23日 22:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報