/

この記事は会員限定です

特許や商標審査にAI活用 特許庁、分類や重複調査

[有料会員限定]

特許庁は特許や商標、意匠の出願審査などの業務で人工知能(AI)の活用を始める方針だ。AIを使って出願内容を技術分野ごとに分類したり、過去に同じような技術がないかを文献で調べたりする。今夏から実証事業を始めて、2018年度以降に業務に試験導入する。

AIを活用するのは、膨大な文献を調べて出願内容と重複する技術が過去に存在したかを調べる作業のほか、特許出願された技術の内容を分析して分類する作業。画像...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン