/

この記事は会員限定です

食の安全認証、世界基準に 輸出拡大へ新制度

[有料会員限定]

農林水産省は2016年をメドに農産物の安全性を保証する新しい認証制度をつくる。現行制度の審査体制などを大幅に強化し、食品安全の国際組織「GFSI」の承認を目指す。同組織は食品を扱うグローバル企業約400社が参加しており、取引に有利に働くと判断した。20年に農林水産物の輸出を今の1.6倍の1兆円に増やす目標の達成に向け、日本産の安全を強く打ち出す。

農産物の安全性を認証する仕組みは農業生産工程管理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません