/

この記事は会員限定です

橋下氏の「改憲勢力3分の2構想」波紋 来夏の参院選

[有料会員限定]

橋下徹前大阪市長が来年夏の参院選を巡り、自民、公明、おおさか維新の会の3党で憲法改正の発議ができる3分の2以上の議席を確保する構想を唱えたことが波紋を広げている。与党内には選挙区調整が難しいという声があるほか、参院選で改憲を争点に掲げることへの慎重論もある。野党側は結集の流れを乱すと警戒感を強めている。

注目を集めたのは19日の安倍晋三首相、菅義偉官房長官と橋下氏、おおさか維新代表の松井一郎大阪府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン