/

15年の難民申請、5割増7586人と過去最多 認定は27人

法務省入国管理局は23日付で2015年の難民認定者数を発表した。日本に難民認定を申請した外国人は前年比で5割増え7586人と5年連続で過去最多となった。東南アジアや南アジア各国の出身者が多数を占めた。申請の処理の加速に力を入れた結果、15年中に難民認定したのは27人で前年の11人から16人増加した。

難民申請者の国籍はネパールが最多の1768人。インドネシアは969人と前年の17人から大幅に増加した。14年に同国民に対し、ビザの発給要件を緩和し、入国者が増えたためとみられる。トルコ(926人)やミャンマー(808人)も多かった。

一方、認定者はアフガニスタンやシリアなど中東出身者が多かった。シリアについては内戦が勃発した11年以降の5年間で合計65人の難民申請があり、6人を認定したほか、51人について人道上の配慮による在留を認めた。自ら申請を取り下げ、出国した人以外は全員の在留を認めた形だ。シリア難民が欧州に流入するなか、日本での申請件数は低位にとどまっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン