/

この記事は会員限定です

小中でプログラム教育 競争力会議、新成長戦略で検討

[有料会員限定]

政府の産業競争力会議(議長=安倍晋三首相)は6月にまとめる新成長戦略で「第4次産業革命」を柱に据える。即戦力となる人材を育てる教育改革やIoT(モノのインターネット)や人工知能の推進などだ。IT(情報技術)人材を育てるため、小中学校でプログラミング教育を始めることを検討する。

25日に開く会合で検討方針をまとめる。名目国内総生産(GDP)600兆円の目標達成に向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン