/

この記事は会員限定です

外国人の就労後押し 改正特区法施行、訪日客接客など

[有料会員限定]

訪日客の需要が増えるサービス業で、来年前半にも外国人を受け入れる枠が広がる。改正国家戦略特区法が22日施行し、特区ごとに通訳や調理師など受け入れたい職種を提案できるようになった。学歴や実務経験に代わる専門分野の資格などがあれば在留資格も取得できる。農業分野での就労解禁とあわせ、地域のニーズに合う外国人の就労を後押しする。

訪日客は15日時点で2千万人を突破し、年3千万人に迫る勢いだ。通訳など急増す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン