/

国連報告者、「共謀罪」巡り書簡 政府は抗議

菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡り、ケナタッチ国連特別報告者から安倍晋三首相に対して「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と記した書簡が送られたと明らかにした。菅氏は「書簡の内容は明らかに不適切だ。外務省を通じ抗議した」と述べた。

ケナタッチ氏は特定の国やテーマ別の人権状況を調査・監視する立場。首相に宛てた書簡では、法案にある「計画」や「準備行為」の定義があいまいで、恣意的に適用される可能性があると指摘した。菅氏は「直接、説明する機会もなく、一方的な発出だ」と反論した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン