/

米カジノ大手、二階氏に面会 日本進出を視野か

自民党の二階俊博幹事長は22日、米カジノ大手「ラスベガス・サンズ」のアデルソン会長と党本部で面会した。カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法が昨年12月に施行されたのを受け、アデルソン氏が日本進出を視野に、与党のキーマンである二階氏と接触を図ったとみられる。

関係者によると、面会でアデルソン氏は「何かお手伝いできることがあれば言ってほしい。われわれはノウハウを持っているので協力する」と表明した。

政府は推進法の施行を踏まえ、カジノの運営方法や入場規制を盛り込んだ実施法案の策定作業を進めている段階。二階氏は、IR整備にはまだ時間がかかるとの認識を伝えた。

アデルソン氏はトランプ米大統領の支持者としても知られる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン