AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新薬候補、AIが提案 論文学習し新物質探る
厚労省、開発後押し

2016/9/23 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 厚生労働省は人工知能(AI)を使い、高い効果の見込める画期的新薬の開発を後押しする。抗がん剤といった新薬のもとになるシーズ(種)と呼ぶ新規物質を見つけ、数年内に研究者らに提案することを目指す。グローバルに新薬開発競争が激しさを増す中、巨額の費用が必要で成功率も低い新薬の開発に向けて国の支援を強化する。AI活用で開発を効率化し、医療費全体の抑制につなげる狙いもある。

 AIは自ら学習し、考える能力を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

大学教授厚生労働省AI東條有伸IBM

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

内発的動機付けの組み込んだAIを検証するために、山と谷の間にトロッコのような車をAIが走らせるシミュレーションを作った

意識持つAIへ、世界初「動物並み」に挑む神経科学者 [有料会員限定]

 コンピューターの性能が高まり、2045年には人間の脳の知能を上回る「シンギュラリティー(技術的特異点)」を迎える――。そんな予測が広がる一方で、実現できないと否定する声もある。現在の人工知能(AI)…続き (9/6)

国際AI学会を席巻する中国 日本は後進国入り寸前 [有料会員限定]

 歴史ある人工知能(AI)の学会で異変が起きている。8月19~25日に豪メルボルンで開催されていた国際人工知能学会(IJCAI 2017)には、異常なほど多くのアジア人が参加していた。さらにその内訳を…続き (8/31)

「AIは人間の能力を高めていく」 [有料会員限定]

 1993年秋に国内初といわれるホームページを開設して以来、日本におけるインターネットの普及に努めてきた米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボの伊藤穣一所長が日本で本を出版した。英語の原題は…続き (8/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月21日(木)

  • 貯金できない人をサポート!! マネーフォワードが貯蓄アプリ「しらたま」を提供開始 (1) 「しらたま」のサービス内容とは?
  • 先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ―高校生向け学習記録SNS「Studyplus」
  • 三井住友FGが取り組むデジタルイノベーションとは? 「目指すのは、明日の金融にサプライズを起こすこと」 APIの公開やスタートアップを含めた連携、そして渋谷へのイノベーション拠点開設など……

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月21日付

2017年9月21日付

・データセクション、ツイッター投稿者の年代、性別を分析、番組制作に生かす
・太陽電池、光で劣化判別 東京農工大
・高速ひび割れ 色合いで示す 阪神高速
・明電舎、高効率パワコン開発 未稼働メガソーラー開拓
・製薬大手、AI活用で知見蓄積 アステラスやエーザイ…続き

[PR]

関連媒体サイト