/

官房長官「予断持って答えず」 トランプ氏のTPP離脱意向

菅義偉官房長官は22日の閣議後の記者会見で、トランプ次期米大統領が大統領就任初日に環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を通告する意向を表明したことに関し「就任後の政策に予断を持って答えるべきでない」と述べた。「まだ現政権が続いているので、そこを見守っていきたい」とも語った。

そのうえで菅氏は「米国や他の署名国に国内手続きの早期完了を働きかけていきたい」と重ねて強調。参院でのTPP審議には「速やかに進めていただけるよう緊張感を持ってあたっていきたい」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン