衆院2補選、23日投開票 解散戦略や野党共闘占う
東京10区と福岡6区

2016/10/22 23:39
保存
共有
印刷
その他

7月の参院選後、初の国政選挙となる衆院東京10区と福岡6区両補欠選挙が23日、投開票される。東京10区は与野党の事実上の一騎打ち、福岡6区は保守分裂で自民党系2氏と民進党候補が競う。結果は安倍晋三首相の衆院解散戦略や、野党共闘に影響を与えそうだ。

東京10区は衆院議員だった小池百合子氏が東京都知事に転出したことに伴うもの。民進党新人の鈴木庸介氏(40)と、公明党が推薦する自民党前職の若狭勝氏(59)、諸派新人の吉井利光氏(34)が立候補している。

鳩山邦夫元総務相の死去に伴う福岡6区は、諸派の西原忠弘氏(61)、民進党の新井富美子氏(49)、いずれも自民系無所属の鳩山二郎氏(37)と蔵内謙氏(35)の新人4人が競う。自民党は鳩山、蔵内両氏のいずれかが当選すれば追加公認する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]