2017年11月19日(日)

民主・維新、ヘイトスピーチ対策協議で合意

2014/10/22付
保存
共有
印刷
その他

 民主、維新両党の幹事長と国会対策委員長は22日、国会内で会談し、各地で問題になっているヘイトスピーチ(憎悪表現)の規制について協議することで合意した。規制法案の共同提出も視野に、言論の自由との兼ね合いも考慮しながら両党内で議論を始める。

 ヘイトスピーチを巡っては、維新の橋下徹共同代表(大阪市長)が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の代表者と面談するなど対策に積極的だ。民主党の枝野幸男幹事長は会談後、記者団に「両党ともヘイトスピーチは許されるものではないという基本認識で一致している」と語った。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ヘイトスピーチ橋下徹対策協議枝野幸男



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報