2018年12月14日(金)

火力新設に省エネ規制 電力自由化でCO2急増防ぐ
コスト増で料金上昇の恐れも

2015/2/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は、新設する火力発電所に対し、省エネ規制を導入する。二酸化炭素(CO2)排出量の少ない発電効率の高い設備の設置を義務付ける。電力小売り自由化に向け、CO2排出量の多い石炭火力発電所が急増するのを防ぐ狙い。新規制で石炭火力の発電コストは上がり、家庭の電気料金の上昇要因になる可能性もある。

経産省は省エネルギー法の告示を年内にも変える。火力発電所の設備に石炭など燃料の発電効率の基準を設け、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報