/

この記事は会員限定です

国際特許出願、「東京・横浜」が首位に 拠点集中映す

[有料会員限定]

世界知的所有権機関(WIPO)はこのほど、世界各国のイノベーション拠点ごとの国際特許出願状況を公表した。東京・横浜エリアからの出願が2位以下を大きく離してトップ。WIPOの担当者は「世界的にみても格段に企業が一極集中していることが背景にある」とみている。

調査は2011~15年を対象期間として、1つの出願で複数国に出願したとみなす特許協力条約(PCT)に基づく出願件数を調べた。

調査結果によると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り525文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン