/

この記事は会員限定です

文化庁の京都移転を決定 消費者庁は判断先送り

[有料会員限定]

政府は22日午前、まち・ひと・しごと創生本部(本部長・安倍晋三首相)の会合を首相官邸で開き、政府機関の地方移転の基本方針を決定した。文化庁は数年以内に京都府に全面的に移転すると明記。豊富な文化財の保護とともに、観光振興への活用や国際的な発信力を強化するには、拠点を京都に移すのが効果的だと判断した。

候補の中央省庁7機関のうち、徳島県への消費者庁、和歌山県への総務省統計局の移転は実証実験を実施し、判...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン