/

この記事は会員限定です

空き家撤去・改築で減税 国交省、税制改正要望へ

[有料会員限定]

国土交通省は、空き家を所有者が撤去したり自分の住居用や賃貸用に改築したりする場合、税負担を軽くする制度を2016年度の税制改正要望に盛る方針だ。費用の1割程度を所得税額から差し引く案が浮上している。放置された空き家は倒壊の恐れなどがあり、安全な街づくりの障害となる。親などから相続した家を長く空き家としないように自発的な対策を促す。

相続した家の保全に手が回らず放置する人が多いため、空き家を撤去した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン