/

民泊、旅館業法の適用除外に 規制改革会議が意見書

政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)は21日の会合で、一般住宅に有料で旅行客らを泊まらせる「民泊」サービスを、旅館業法の適用除外とし、届出制など緩やかな監視にとどめるよう関係省庁に求める意見書をまとめた。貸し手と宿泊者を仲介する事業者には許可制など厳しめの規制をかけて、トラブル防止や治安対策を講じるよう提言している。

一方、国土交通省と厚労省は21日、民泊の解禁に向けた有識者会議を開き、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が検討するネット仲介業者向けの法整備などを議論した。今後は検討課題を短期と長期のものに分けて、対策を議論していくことで一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン