/

漁業資源の管理体制強化 14年度水産白書、ニホンウナギ減で

政府は22日、2014年度の「水産白書(水産の動向)」を閣議決定した。ニホンウナギや太平洋クロマグロなどの減少を踏まえ「漁業資源の適切な保存と管理は水産物の安定供給にとって重要」と、管理体制を強化する方針を示した。

白書によると、主要52魚種のうち資源量が「低位」の魚種は50%。「中位」は33%、「高位」は17%だった。14年に生まれた太平洋クロマグロの数が00年以降で最低水準だった可能性が大きい。ニホンウナギは14年6月に国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定された。

政府は資源管理のため、漁獲量を漁船や漁協ごとに割り振る「個別漁獲割当(IQ)」と呼ぶ手法を14年10月からサバ類で始めた。沖合漁場の整備でズワイガニの生息密度が2.5倍に増えた事例などを紹介した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン