/

中川前政務官離党、自民が早期幕引き図る 女性問題で

経済産業政務官を辞任した自民党の中川俊直衆院議員が21日、離党届を執行部に提出した。20日発売の週刊誌で妻とは別の女性との関係が報じられ、批判が強まったことに責任を取った。党紀委員会は離党を了承した。政権運営に影響が出ることを恐れた自民党が早期の幕引きを図った。

中川俊直衆院議員=共同

自民党の二階俊博幹事長は離党届を受け「公人として選挙で選ばれている以上は、国民の批判にさらされることは当然だ。しっかりとした対応をしていきたい」と国会内で記者団に述べた。

中川氏の問題をめぐっては与党内にも議員辞職や離党を求める声が出ていた。中川氏の問題を受け、21日の衆院経済産業委員会は流会となった。

中川氏は民放記者や議員秘書を経て2012年の衆院選で初当選し、現在2期目。父は中川秀直元自民党幹事長。

    ◇     

自民党は21日、中川氏の会派離脱を衆院事務局に届け出た。衆院の新たな勢力分野は次の通り。

自民党・無所属の会292▽民進党・無所属クラブ95▽公明党35▽共産党21▽日本維新の会15▽自由党2▽社民党・市民連合2▽無所属12▽欠員1

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン