/

この記事は会員限定です

軽減税率「インボイス導入必要」 財務省、精米限定以外なら

[有料会員限定]

消費税率を例外的に低く抑える軽減税率を巡り、財務省が22日の自民、公明両党の検討委員会に示す制度試案の内容が明らかになった。対象品目を(1)酒以外の飲食料品(2)生鮮食品(3)精米――の3案に絞り込んだ上で、事業者による取引の経理方式について、(1)と(2)では商品ごとに税額を記入して取引する「欧州型インボイス(送り状)制度を導入する必要がある」と明記した。

現在、日本で一般的に使われる請求書は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン