/

この記事は会員限定です

軽減税率、対象品目を段階的に拡大 自民が公明に提案

[有料会員限定]

自民党の宮沢洋一税制調査会長は21日、国会内で公明党の斉藤鉄夫税調会長と就任後初めて会談した。2017年4月に消費税率を10%に引き上げる際に食料品などの税率を低くする軽減税率について、導入時は対象品目を絞り込み段階的に拡大したいと提案した。両氏は27日からの与党協議再開で合意。対象品目などを巡る議論を本格化させる。

宮沢氏は会談で「17年4月から明確にできるものからやるべきだ。最初は小さくやって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン