三沢基地に無人偵察機 陸海空自衛隊が統合運用

2016/12/21 21:20
保存
共有
印刷
その他

防衛省は21日、長時間上空から情報収集できる無人偵察機「グローバルホーク」について、2019年度末に航空自衛隊の三沢基地(青森県三沢市)に1機配備すると発表した。これに合わせて陸海空3自衛隊の共同部隊を新設する。

グローバルホークは無人で運用するため、約36時間連続での航行が可能だ。18年度までの中期防衛力整備計画では3機調達する予定で、15年度予算から取得費用を計上している。米空軍がグアムに配備するグローバルホークを一時的に三沢に立ち寄らせる運用をしており、自衛隊と米軍の連携も視野に入れる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]